« 6月3日の野菜セット | トップページ | 麦秋 »

2016年6月 7日 (火)

芒種(6月5日~6月20日)・農場の予定

6月5日 芒種

6月10日 入梅

6月20日 満月

6月21日 夏至

芒種での主な仕事

・麦の刈り取り、脱穀、乾燥

  麦は刈り取った後、よく乾燥させることが大事。晴れてよく乾燥している日に行いたいが、麦の収穫時期はちょうど梅雨の時期と重なることが多い。

  麦が雨で湿ってしまうと、刈り取り作業で使うバインダーや脱穀作業で使うハーべスターなどの農業機械に負荷がかかって、しばしば調子が悪くなって動かなくなったりする。いつ機械が動かなくなってもよいように、現場にかけつけてくれる機械整備士さんを身近にみつけておくといい。

・じゃがいも、玉ねぎなどの収穫、乾燥、貯蔵

  ジャガイモは掘り取った後、長期間貯蔵するため、乾燥させることが大事。しかし、ジャガイモの収穫時期もまた、梅雨の時期と重なってしまう。

  梅雨が本格化したら、せっかく掘りとってもイモはなかなか乾かずにすぐに傷んでしまう。梅雨の時期はジャガイモの収穫をお休みして梅雨が明けるのを待つ。梅雨が明けて日差しが強まれば、掘り出したイモはすぐに乾くので、収穫後に傷んでしまうイモはほとんどなく、貯蔵がしやすくなる。

  玉ねぎは入梅の前に収穫しておきたい。

・果菜類の管理(支柱建て、芽かき、誘引、追肥)

・草刈り、除草

・種まき(キュウリ、トウモロコシ、フダンソウ、ゴボウ、サツマイモ苗の定植)

・採種(サヤエンドウ、ソラマメ、ネギ)

・堆肥入手・散布  肥料作り

芒種より収穫され始まる野菜(予定)

  ズッキーニ、キュウリ、ナス、サヤインゲン、ピーマン、ジャガイモ、ニンニク(カブ類、レタス類、サヤエンドウやソラマメなどの豆類、キャベツや白菜やブロッコリーなどのアブラナ科の春野菜、シュンギクなどの葉物野菜は、この時期に収穫終了)

芒種になったら忘れずに見ておきたい生き物

  梅、ビワ、みょうが、蛍、アジサイ

Dscf2203夏野菜の苗を植えた畑の様子。

« 6月3日の野菜セット | トップページ | 麦秋 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芒種(6月5日~6月20日)・農場の予定:

« 6月3日の野菜セット | トップページ | 麦秋 »

フォト
無料ブログはココログ