« 2月9日の野菜セット | トップページ | 寒い冬のおかげさま   平成27年12月10日 »

2016年2月13日 (土)

2月12日の野菜セット

2月10日の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、カブ、紫首カブ、里芋、長ネギ、白菜、ほうれん草、油菜、水菜、ターサイ

小林のひとり言

ジャガイモは、収穫する時期が遅れてしまうと品質が低下してしまい、料理しても火が通りにくくておいしくない。去年は、たくさんのジャガイモが遅れて収穫されて、それらのジャガイモを販売してみたが評判が悪いようで、売れ行きが良くない。これらのジャガイモを出荷するのをやめて、自分で主食の代わりに消費しようと思う。野菜セットには、適期に収穫した品質の良いジャガイモを選んでお届けしている。

大きすぎる大根は、生育が進みすぎて老化していることが多く、中にスが入っていたりする。現在、たくさん大きな形の聖護院大根も保存しているが、聖護院大根を出荷するときは、小さい形を選んで出荷するようにしている。

人参も大きすぎると品質が低下している場合が多い。大きすぎる人参よりも小さすぎる人参のほうが品質的に安定している。今年度貯蔵している人参は生育がゆっくりで小さいものばかりだが、むしろ安心して出荷ができる。

2月の下旬から野菜セットに加えようと思って温存している白カボチャも、「当たり」と「外れ」がある。小さい形のものは実が未熟なうちに収穫された可能性があり、そのようなカボチャは味がなくておいしくない。外から見ただけではそのカボチャが「当たり」なのか「外れ」なのかわからないけれど、切ってみて中身の色をみると、なんとなくそのカボチャの品質を見極めることができる。おいしいカボチャはおいしそうな色をしていて、おいしくないカボチャはおいしくなさそうな色をしている。野菜セットには、みなさんが食べきれる大きさに切り分けて出荷するが、その時にそのカボチャの品質を予測することができる。

野菜は生き物で千差万別。どんなに熟練したプロの農家でも、品質の良い野菜ばかりを出荷するのは難しく、稀に品質の悪い野菜をうっかり出荷してしまうこともある。でも、いろいろと気を配ることにより、品質の悪い野菜を出荷してしまう回数を減らせてゆけると思う。

« 2月9日の野菜セット | トップページ | 寒い冬のおかげさま   平成27年12月10日 »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月12日の野菜セット:

« 2月9日の野菜セット | トップページ | 寒い冬のおかげさま   平成27年12月10日 »

フォト
無料ブログはココログ