« 2月5日の野菜セット | トップページ | 2月9日の野菜セット »

2016年2月 7日 (日)

栽培歴 1月31日~2月6日

この週に農場で行った仕事です。

収穫、出荷  農場の片づけ  ハウスの作成  播種(葉物野菜)

小林のひとり言

立春がすぎるのを待って、今年に入って初めての種まきを畑で行った。冬の間眠っていた畑が始動した。

前もって今年1年、どの作物をどの畑に作付けするのかを頭の中に思い描いておくと、計画的に準備をしてゆくことができて、畑仕事の効率が上がる。畑に作付けする作物を大雑把に以下のように区分してみると、作付け計画がたてやすいと思う。

春に種を播く作物

  ・春まき葉物野菜区(小松菜、ほうれん草など。ニンジン、大根、カブなどの根菜類も含む)

  ・春まき結球野菜区(キャベツ、レタスなど。肥沃な土地を選ぶこと)

  ・ジャガイモ区

  ・長ネギ区

  ・里芋区

  ・夏の果菜類、葉物野菜区(ナス、モロヘイヤなど。肥沃な土地を選ぶこと)

  ・カボチャ、サツマイモ区(あまり肥沃ではない土地を選ぶこと)

  ・ゴボウ区(畑の片隅に)

  ・緑肥区

  ・加工品区(油用のエゴマ、もち用の陸稲などを予定している)

秋に種を播く作物

  ・秋まき葉物野菜区(ほうれん草以外の葉物野菜)

  ・秋まきほうれん草区(肥沃な土地を選ぶこと)

  ・秋まき結球野菜区(キャベツ、白菜など。肥沃な土地を選ぶこと)

  ・人参、大根、カブ区(土がホロホロとしていて物理性の良い土地を選ぶこと)

  ・大豆、小豆区(あまり肥沃ではない土地を選ぶこと)

  ・緑肥区

  ・加工品区(麦、ナタネなど)

科が同じ作物、肥料の必要量が似ている作物、作付け期間が似ている作物を同じ区分に含めてみた。畑によって含まれている肥料の量や物理的な特徴など、ずいぶん違う。そのときの土の状態を見極めて、上に区分けされた作物のグループを適所に配置してゆきたい。

« 2月5日の野菜セット | トップページ | 2月9日の野菜セット »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培歴 1月31日~2月6日:

« 2月5日の野菜セット | トップページ | 2月9日の野菜セット »

フォト
無料ブログはココログ