« 栽培暦  8月30日~9月5日(スズメバチトラップについて) | トップページ | 栽培暦 9月6日~9月12日 (雨の多い時期について) »

2015年9月15日 (火)

9月11日の野菜セット

9月11日の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、キュウリ、中玉(ミニ)トマト、ゴーヤ、赤ピーマン、カボチャ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ

小林のひとり言

先週、栃木県に大雨が襲来。小林農場の畑に大きな被害はなかったけれど、おそらく大雨の影響のためナスやキュウリなどの収量が激減して、9月11日の野菜セットはわずかに収穫できた作物をなんとかかき集めて作った。

大雨を境にして、今まで収量が減り続けてきた夏野菜が、さらに減っている。夏野菜の状態が回復するのかどうか、もう少し様子を見て見極めたい。

大雨があろうがなかろうが、夏から秋に移り変わる9月には毎年、出荷できる作物の種類が減る。9月から小松菜などの葉物野菜を新たに収穫できるように真夏のうちに葉物野菜の種を播いてみたが、この時期は虫害を受けやすい。葉が虫に食べられると、ただ単に見栄えが悪くなるだけではなく、この時期はまだ気温が高いので、虫を食われた部分から傷みが広がりやすい。防虫ネットを使用してみたけれど、なんだかうまく防虫できなかった。

葉が込み合っている部分をこまめに間引くと、がっしりとした葉物野菜が収穫できるのだけれども、この時期は草刈りなどたくさん仕事があって忙しく、間引きをしないことが多い。どうしてもヒョロリとした弱々しい葉物野菜になってしまう。

この時期の葉物野菜の栽培がうまくできないでいる。いっぽう、現在は人参の間引き作業を行っているが、たくさんの人参の葉が畑より間引かれている。人参は葉の部分もおいしく、かきあげ、ゴマ和え、スープの具、ふりかけなど、いろんな料理方法で使用できる。そして、虫害がほとんどなく、安心して出荷できる葉物野菜である。9月は人参の葉を売り込んでみたい。

おそらくモロヘイヤの出荷は今週で終わるだろうが、9月になっても花芽がつかず、出荷できる状態が長く続いた。クウシンサイも、どういうわけだか虫害がほとんどなく、良い状態で収穫できている。夏の葉物野菜がこの秋、よくがんばってくれていた。

« 栽培暦  8月30日~9月5日(スズメバチトラップについて) | トップページ | 栽培暦 9月6日~9月12日 (雨の多い時期について) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月11日の野菜セット:

« 栽培暦  8月30日~9月5日(スズメバチトラップについて) | トップページ | 栽培暦 9月6日~9月12日 (雨の多い時期について) »

フォト
無料ブログはココログ