« 栽培暦 6月7日~6月13日 畑の適切な広さについてのひとり言 | トップページ | 野菜セットの中身: バジル »

2015年6月16日 (火)

6月16日の野菜セット (キャベツについてのひとり言)

6月16日の野菜セットは以下のとおりです。

玉ねぎ、人参、大根、かぶ、きゅうり、なす、ズッキーニ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、コールラビ、モロヘイヤ、バジル、ソラマメ、ニラ
小林のひとり言
  関東地方も本格的に梅雨の時期に入った。高温多湿のため野菜が傷みやすい時期である。注意深く出荷をしてゆきたい。
  カリフラワーやレタス類は畑で傷んでしまって、もう出荷は難しいだろう。ブロッコリーもかなり注意しながら出荷していったほうがよい。小さな虫もたくさん発生してきて、ブロッコリーのつぼみの中に潜んでいたりしている。
  レタスやカリフラワーやブロッコリーと比べると、キャベツは比較的に高温多湿に強く、もう少し長く出荷できるだろう。それでも収穫時期を迎えてそのまま収穫されぬまま時間が経てば、出荷する前に傷んでしまう危険性は高まる。今年の春は久しぶりにキャベツの収量が良く、まだまだ出荷できるので、できるだけ早く収穫時期を迎えたキャベツをどんどん出荷してゆきたい。
P6161371キャベツはアオムシなどに葉をかじられやすい。こまめに虫捕りをするのがキャベツ栽培の基本。
でも、小林農場では、全く虫捕りをしない。やりたくても時間がなくてできない。
今年は最も肥えた畑でキャベツを栽培した。虫に葉をかじられながらも、ほとんどのキャベツが立派に結球して収穫時期を迎えた。
アオムシがかじるのは外側の葉だけで、結球している葉までかじることはめったにない。出荷する前に外側の葉を分厚く取り除けば、ほとんど虫にかじられた跡が目立たないきれいな姿でキャベツを出荷することができる。

« 栽培暦 6月7日~6月13日 畑の適切な広さについてのひとり言 | トップページ | 野菜セットの中身: バジル »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月16日の野菜セット (キャベツについてのひとり言):

« 栽培暦 6月7日~6月13日 畑の適切な広さについてのひとり言 | トップページ | 野菜セットの中身: バジル »

フォト
無料ブログはココログ