« 追跡撮影記録・秋まきキャベツの生育 | トップページ | 八十八夜の別れ霜(穀雨) »

2015年5月 3日 (日)

ながいも:野菜セットの中身

ここに注目・・・小林農場の秘蔵の一品が野菜セットに初登場。生食ができるイモです。すりおろせば「とろろ」になります。

料理方法・・・加熱して食べるよりも、生食するのが一般的です。すりおろせば「とろろ」になり、うどんやそばにかけて食べたり、刺身といっしょに食べたり、ご飯にかけて食べたり、お好み焼きの生地に混ぜて焼き上がりを良くしたりします。細かく刻んでサラダやあえ物にして食べても。(今回は収穫時期が少し遅れたので、少しだけイモの中身が筋っぽいかも。やはり、すりおろして「とろろ」にすることをおすすめします。)加熱して炒めたりしてもおいしいです。外皮は切り除いたほうがおいしいと思います。

保存方法・・・冷暗所に。使いかけは切り口をラップでくるんで、湿気を保つために新聞紙にくるんで。すりおろして冷凍保存することもできます。

栄養・・・漢方薬として利用されるほど、滋養強壮効果(老化防止、疲労回復など)が高いようです。ながいものような粘り気のある食材は、たいていムチンなどのたくさんの栄養が含まれています。

追記・・・「ヤマトイモ」とか「ヤマノイモ」とか呼ばれることも。地域によって呼び方がバラバラに違っていて、頭が混乱してしまいます。小林農場の「ながいも」は、すりおろすと比較的に水気を多く含み、その味はまろやかです。
P5011192_2

« 追跡撮影記録・秋まきキャベツの生育 | トップページ | 八十八夜の別れ霜(穀雨) »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ながいも:野菜セットの中身:

« 追跡撮影記録・秋まきキャベツの生育 | トップページ | 八十八夜の別れ霜(穀雨) »

フォト
無料ブログはココログ