« 一人勉強会/野菜の最適貯蔵条件一覧表 | トップページ | 栽培歴 7月13日~7月19日 »

2014年7月19日 (土)

トマトの赤

P7170553 「植物の果実は鳥や動物に食べられて、糞といっしょに種子を排出させることで、種子を遠くまで運ばせる。

  それにしても、トマトの赤はあまりに鮮やかだ。鳥や動物を惹きつけるには、赤色が最も目立つ。

  しかし植物の果実が持つ色素は、主に紫色のアントシアンと橙色のカロチロイドである。さまざまな果実は赤い果実を夢見ながら、紫色や橙色の色素を使って、少しでも赤色に近づけようとしている。

  そんな他の果実の苦労をよそに、トマトは真っ赤な「リコピン」という色素を持つことに成功した。

親は子を育ててきたというけれど勝手に赤い畑のトマト  俵万智(サラダ記念日)

  トマトは食べられるために赤くなったが、「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺がある。熟したトマトを食べた人はみんな健康になって、医者がいらなくなるという意味だ。トマトの赤い色素リコピンには発ガン抑制の効果もあるという。これでは医者も青くなるはずだ。」

(稲垣栄洋著「身近な野菜のなるほど観察記」より抜粋)

P7170554 小林農場でもトマトが少しずつ、収穫され始めています。

« 一人勉強会/野菜の最適貯蔵条件一覧表 | トップページ | 栽培歴 7月13日~7月19日 »

作物紹介」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマトの赤:

« 一人勉強会/野菜の最適貯蔵条件一覧表 | トップページ | 栽培歴 7月13日~7月19日 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ