« 3月16日~3月22日の野菜セット | トップページ | 野菜の一生と付き合う »

2014年3月23日 (日)

栽培暦 3月16日~3月22日

以下はこの週に行った仕事です。

収穫、出荷  片づけ  育苗  じゃがいもの種イモを切り、植えつけ  ビニールハウス補修  冬越し作物の不織布、片づけ  播種(人参、かぶ、二十日大根、小松菜、ほうれん草、からし菜、みず菜、ルッコラ、山東菜)  春野菜のカルチかけ、除草  春野菜の苗の間引き、移植  苗のネズミ除け対策

小林の手帳より

育苗の温度管理について。

キャベツやレタスなどの低温性の春野菜は、発芽時は20℃前後、その後は15~20℃で管理。なるべく10℃以下、または30℃以上にはしないように(特にレタス類の種はは25℃以上では休眠して発芽不良になる)。畑に定植する数日前には順化しておくこと。

ナスやトマトなどの高温性の夏野菜は、発芽時は20℃~30℃で、本葉がはっきりと見えた頃からは20℃くらいで管理。なるべく15℃以下、35℃以上にならないように。定植の数日前からは順化。

以上の温度は気温ではなく、地温。気温の変動により地温も変動するが、時間差があるので考慮。

苗は寒すぎるとと風邪をひくかもしれないが、暑すぎると焼け死んでしまう。温度の下がり過ぎよりも高くなり過ぎに注意すること。ただし、小林農場の場合、温度を低く管理し過ぎて、種の発芽がそろわない。もう少し調整していくこと。

« 3月16日~3月22日の野菜セット | トップページ | 野菜の一生と付き合う »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 3月16日~3月22日:

« 3月16日~3月22日の野菜セット | トップページ | 野菜の一生と付き合う »

フォト
無料ブログはココログ