« 小寒末候 雉始鳴 | トップページ | 新聞切り抜きネット版 チェルノブイリ原発事故後の住民への健康被害について »

2014年1月24日 (金)

1月19日~1月25日の野菜セット

以下はこの週の野菜セットの内容です。

じゃがいも、人参、玉ねぎ、大根、かぶ、里芋、長ネギ、白カボチャ、白菜、ほうれん草、油菜、からし菜、ターサイ

小林の手帳より

白カボチャはとても甘味があり、おいしい。ただ、外皮がとても固くて、包丁で切りにくい。多くの方が料理中に、このカボチャの固さに苦戦しているようだ。「1個のカボチャを半分に切る場合、へたの手前に包丁を入れて押し切り、そのまま側面に沿わせるように包丁を底まで回す。180度回転し同様にし、裏返して底から、入れた切れ目に沿って切るとラク。」と料理本に「楽なカボチャの切り方」が解説されていた。半割りの状態のカボチャは、切り口を下にして置き、包丁で押し切ると良い。

火を通せば、カボチャの外皮もすぐに柔らかくなって食べられる。ただ、小林農場のカボチャは、外皮の表面がゴツゴツとしていてなめらかではない。よって、手間をかけて外皮を切り除く方も多いようだ。カボチャの実は栽培中に、地面に接している面が湿気ってしまい、そのため外皮の肌が荒れる。カボチャの実ができ始めた頃、実の下にプラスチックの敷き物を敷いてやると、肌はきれいに保てる。次回のカボチャ栽培では敷き物を敷いてみようと思う。

カボチャは包丁を入れて切ると、保存性が悪くなる。特に、種とワタの部分から傷み始める。半割りにしたカボチャを出荷する場合は、種とワタを取り除いてから出荷するようにしている。

« 小寒末候 雉始鳴 | トップページ | 新聞切り抜きネット版 チェルノブイリ原発事故後の住民への健康被害について »

野菜セット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月19日~1月25日の野菜セット:

« 小寒末候 雉始鳴 | トップページ | 新聞切り抜きネット版 チェルノブイリ原発事故後の住民への健康被害について »

フォト
無料ブログはココログ