« 地元の子供と近所の農家のおじさん | トップページ | 植物と虫の営み »

2013年7月 3日 (水)

栽培暦 6月23日~6月29日

以下はこの週に行った仕事です。

収穫、出荷  育苗  片づけ  トマト、ミニトマトの結束、誘引  刈り払い除草  不織布片づけ  オクラ間引き  ピーマン、伏見トウガラシ芽かき  施肥、トラクター耕  小麦刈り取り、脱穀  じゃがいも収穫  定植(アスパラガス、キュウリ、落花生、モロヘイヤ)  サヤエンドウ片づけ

小林の手帳より

地主さんよりバインダーとコンバインをお借りすることになり、収穫時期を迎えた小麦を刈りとって脱穀した。これらの農業機械は、米や麦などの穀物の収穫作業で使われる。年に1回か2回しか登場することのない機械だが、これらを使わずに手作業のみで収穫作業をするととても手間がかかりすぎてやりきれなくなってしまう。穀物は一度収穫すれば腐ることなく年中ずっと保存できるという、野菜にはない豊かな特徴がある。穀物栽培は行うべきで、そのためにも機械の入手方法を考えておきたい。

P6282433 バインダーという手押し型の機械を押しながら小麦畑を歩くと、バインダーが上手に小麦を刈りとってひと抱えほどの小麦をヒモで一瞬にして束ねてくれる。

P6282427コンバインがバインダーで束ねられた小麦を鋭い歯でかんで穂から穀粒をしごきとっている瞬間。脱穀。

P6282429 脱穀されて自動的に袋に詰められていく小麦の粒。

脱穀された小麦はハウスの中に広げて日干ししてよく乾燥させる。そのあと、穀粒に混ざっているゴミを取り除く。そのあと、小麦粉やうどんに加工する。そのあと、適切に長期保存をする。

穀物栽培は収穫されたら終わりではない。むしろ、収穫されてから食卓に登場するまでの道のりが長い。

« 地元の子供と近所の農家のおじさん | トップページ | 植物と虫の営み »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 6月23日~6月29日:

« 地元の子供と近所の農家のおじさん | トップページ | 植物と虫の営み »

フォト
無料ブログはココログ