« 3月、4月の菜の花 | トップページ | 穀雨の風景 »

2013年5月 1日 (水)

栽培暦  4月21日~4月27日

以下はこの週に行った仕事です。

収穫、出荷  片づけ  育苗  移植(トマト、バジル、レモンバーム、ズッキーニ)  播種(かぼちゃ、きゅうり、ズッキーニ、ゴーヤ、マクワウリ、オクラ、サヤインゲン)  播種(小松菜、ほうれん草、山東菜、からし菜、みず菜、チンゲンサイ、ルッコラ、二十日大根、大根)  ボカシ肥、袋詰め  ボカシ肥作成  落花生、採種  不織布、片づけ  堆肥切り返し  大根、貯蔵  人参間引き、除草  小豆選別  切り干し大根作り  床土ポット詰め

小林の手帳より

  夏野菜の苗作り、真っ最中。夏野菜は霜にあたると致命傷を負ってしまうので、霜が降りなくなる時期まで待って、育苗ハウスから畑へ定植する。最近のこの地域では、5月10日をすぎても気象庁から霜注意報が頻繁に発っせられている。夏野菜の定植は5月20日すぎでいい。しかし、苗の育ち具合を見ていると、このままだと5月10日くらいに定植適期をむかえてしまうかもしれない。育苗ハウスを低温に管理して、苗の生育をできるだけ遅らせてみようと思う。来年は、種まきをもっと遅らせていい。

  3月は異様に暖かかったが、4月は3月よりも寒かったのではないだろうか。早朝は何度も霜が降り、じゃがいもの芽が霜のために枯れて、なかなか地上に芽が出てこない。じゃがいも畑を除草したいが、どこにじゃがいもの種イモが埋まっているのか分りにくく、うかつに除草できないでいる。小林農場だけではなく、この地域の農家の多くのじゃがいも畑も霜の被害をうけている。

 P4282202  

カボチャの苗。発芽したばかりなのに、こんなに立派で大きな双葉を開く。

P4282203

苗を育てている播種箱の裏をのぞいてみたら、苗の白い根が箱の底を突きぬけて伸びていた。この後すぐ、苗を播種箱よりももっと広いポットへと移植していった。

« 3月、4月の菜の花 | トップページ | 穀雨の風景 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1454047/51453340

この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦  4月21日~4月27日:

« 3月、4月の菜の花 | トップページ | 穀雨の風景 »

フォト
無料ブログはココログ