« 三月 強風 | トップページ | 自給自足の意味 »

2013年3月16日 (土)

栽培暦 3月3日~3月9日 啓蟄(桃始華)

以下はこの週に行った仕事です。

収穫、出荷  片づけ、掃除  育苗  堆肥枠作成  落ち葉かき  エシャロット除草、土寄せ  もみ殻入手  サヤインゲン用のネット張り  施肥、トラクター耕  間引き(育苗中の苗)  来年用床土作り  じゃがいも種切り 

小林の手帳より

  来年用の床土を新たに作成。有機物を発酵させて、1年間、熟成させる。踏み込み温床の材料として発酵中の有機物も合わせれば、これで来年用の床土は足りると思う。床土の主な材料は落ち葉だが、小林農場の敷地内には雑木林があり、容易に落ち葉がたくさん手に入るという強みがある。

  じゃがいもの植えつけの準備。畑に植え付けられた一つの種イモからたくさん芽が出すぎると、収量が落ちる。そこで、種イモの「頂芽」と呼ばれる芽がたくさん生まれる部分を切り分けてやると、分けられた種イモからちょうどよい本数の芽が出てくる。去年、種イモが小さかったので、切り分けずにそのまま畑に植えたら、一つの種イモから無数の芽が出てきて大変だった。やはり、頂芽を切るという作業が大切なのだろう。

  セルポットに種まきしたキャベツやブロッコリーなどの8種類の苗が順調に発芽して生育した。間引いて1マスに1個ずつ、苗を残した。温床では夏野菜の育苗をこれより始めるので、順調に育っている苗たちを温床の外へと移した。

小林農場 風家(かざいえ)のお問い合わせ先

電話 0285-81-5228 携帯電話 090-4915-1418

(留守の場合、留守番電話にご自宅の電話番号を伝えていただければ、後ほどこちらから連絡させていただきます)

メール kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp

小林農場 風家(かざいえ)の野菜セットはいかがですか?

小林農場の野菜セットを食べていただく方を募っています。野菜セットに関する詳細は、画面右の「カテゴリー」の「大切なお知らせです」をクリックしてご覧ください。

« 三月 強風 | トップページ | 自給自足の意味 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 3月3日~3月9日 啓蟄(桃始華):

« 三月 強風 | トップページ | 自給自足の意味 »

フォト
無料ブログはココログ