« 土の食べ物、施し方 | トップページ | 立春 »

2013年2月14日 (木)

栽培暦 2月3日~2月9日  立春(東風解凍)

収穫、出荷  片づけ、掃除  育苗  ハウス修理  トラクター修理  播種、トンネル張り(小松菜、ほうれん草、みず菜、山東菜、ルッコラ、二十日大根、かぶ、大根、人参)  床土作り、播種(キャベツ、ブロッコリー、レタス、サニーレタス、サラダ菜、サヤエンドウ)  トンネル張り直し  販路開拓  秋作のトンネル片づけ  肥料、堆肥作り  落ち葉かき  もみ殻入手  

小林の手帳より

  新年最初の種まき開始。畑に種を播いた後、まだ寒いので、小型のトンネルビニールを畝の上に張り、防寒する。この時期は強風が吹く日も多く、トンネルが吹き飛ばされてしまうこともある。トンネルを作った次の日にはさっそく強風が吹き、トンネルが派手に吹き飛ばされてしまった。しかし、吹き飛ばされなかったトンネルもあったので、そのトンネルを参考にして、今度は飛ばされない工夫をしながらトンネルを張り直してみた。次に強風が吹く日が楽しみだ。

  キャベツやレタスなど育苗できる作物は、ハウス内の温床の中で大事に育てていく。今から種をまくと、3月のまだ寒い時期に苗を畑に定植しなくてはいけなくなる。そうなると管理が大変なので、今の時期にまく種は少しだけ、たくさん苗を作ることを控える。種まきの本番は2月の下旬より。今回の種まきは練習みたいなもの。

  種まきの練習とはいえ、今回の種まきではキャベツやレタスの種がうまく発芽せず、どうやら失敗したようだ。その原因は何か?種まきのやり方か、温度管理か、水やりか、それとも床土か。2月下旬の種まき本番の前までには、原因を確かめておきたい。

電話 0285-81-5228 携帯電話 090-4915-1418

(留守の場合、留守番電話にご自宅の電話番号を伝えていただければ、後ほどこちらから連絡させていただきます)

メール kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp

小林農場 風家(かざいえ)の野菜セットはいかがですか?

小林農場の野菜セットを食べていただく方を募っています。野菜セットに関する詳細は、画面右の「カテゴリー」の「大切なお知らせです」をクリックしてご覧ください。

« 土の食べ物、施し方 | トップページ | 立春 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培暦 2月3日~2月9日  立春(東風解凍):

« 土の食べ物、施し方 | トップページ | 立春 »

フォト
無料ブログはココログ