« 栽培暦 10月14日~10月20日 | トップページ | からし菜のお浸し »

2012年10月23日 (火)

小松菜、からし菜、みず菜などの葉物野菜が収穫され始め、いずれほうれん草も野菜セットに加わることでしょう。なるべく鮮度を落とさずに葉物野菜を保存できる方法が料理本にのっています。

袋や新聞紙に包んでおくと長持ちします。野菜の鮮度を維持させるのを目的とした専用の袋を使うと、通常のポリ袋よりも長く保存できるようです。そのような袋を私の姉が愛用していて、効果は抜群とのこと。値段は多少は高いようですが、使いまわすことができます。

冷蔵庫に詰める時、寝かせるよりも、根を下にして立てて保存をすると、より長持ちするようです。

冷蔵庫の空間も限られているので、送られた野菜セットの葉物野菜を全部、冷蔵庫に詰めるのは大変かもしれません。葉物野菜をさっとゆでてかさを減らして冷凍保存するやり方がよく使われています。食べたい時に解凍して、料理します。

大根やかぶの葉もおいしいので、根に葉をつけたままお届けすることもあります。その場合、すぐに根から葉を切り分けると、根の部分が長持ちします。そのままにしておくと、根の水分が葉に吸われてしまいます。

私のような農家は、畑に行けば食べたい野菜をすぐに手に入れることができます。いつでも新鮮な野菜が手に入り、保存の苦労はありません。農家の特権です。

2000円分の量の野菜を野菜セットとしてみなさんにお届けして、みなさんがそれをどのようにして保存して料理するのか。野菜セットを作るとき、その姿をできるだけ想像することが大切だと思います。

以前は野菜を裸のまま段ボールの中に詰めていましたが、今は一品目ずつ袋に詰めるようにしてみました。これによって少しでもみなさんが箱から冷蔵庫へと野菜を移しやすくなってくれれば幸いです。

畑仕事が忙しくて出荷作業に時間が割けないので、スーパーで売られている野菜のようにきれいに包装はできませんが、できる範囲でみなさんに受けっとていただきやすい形で野菜をお届けしていきたいと思います。

« 栽培暦 10月14日~10月20日 | トップページ | からし菜のお浸し »

農場通信」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 栽培暦 10月14日~10月20日 | トップページ | からし菜のお浸し »

フォト
無料ブログはココログ