小林農場 風家(かざいえ) のブログ トップページ

このブログの最新の記事はこちらをクリックしてご覧ください。

--------------------------------------------------------------------

P4041127_2P7032449_2Dscf1576

 

P6081184

 

 

 

 

 

 

 

Pa241541

 

Pa241535P2020835

 

 

 

 

 

 

P4242166

 

 

 

 

 

Dscf0469 小林農場 風家(かざいえ) の連絡先

〒321-3415 栃木県芳賀郡市貝町杉山1000-1

 電話 090-4915-1418 または 0285-81-5228

(留守の場合、留守番電話にご自宅の電話番号を伝えていただければ、後ほどこちらから連絡させていただきます)

 メール kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野菜セット(旬野菜詰め合わせ) をお届けしています。

Dscf1576

 

 

 

 

 

 

 

小林農場は、旬の野菜をセットにして各ご家庭にお届けしています。

詳細はこちらをクリックして、「小林農場 風家(かざいえ)の野菜セットのご案内」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農場の物語の世界へ ようこそ。 

毎回公開・野菜セットの内容・・・野菜セットの内容を、毎回公開しております。

農場通信・・・農場で起こっている出来事をつづています。その時に感じたこと、考えたこと、農場が目指していること、農場の想いをみなさんにお伝えしています。

追跡・作物の生育日記 ・・・さまざまな野菜の生育状況を追跡しながら、写真でお伝えしております。

小林家の食卓 ・・小林農場の野菜を使った料理方法をご紹介いたします。

歳時記・・・旬の季節の農場の光景を、写真でつづります。写真をクリックすると写真が拡大してもっと見やすくなります。

命名百科・・・小林農場で出会える生き物を、写真や挿し絵などで公開しています。

関連リンク 名曲の殿堂・歌の図書館 ・・・小林が趣味で作っている、たくさんの名曲を載せているページです。

 

2020年4月 2日 (木)

七十二候を追う・「桜始めて開く(さくらはじめてひらく)」~桜についても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

3月25日から3月29日までの従来の七十二候は 「桜始めて開く(さくらはじめてひらく)」   初めて桜の花が咲く頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

小林農場独自の3月25日から3月29日までの七十二候は 「満開の 桜に積もる なごり雪」

Dscn2843 3月25日に撮影。

我が家の庭に3年ほど前にソメイヨシノの苗木の植えました。今年、きれいな花を咲かせ始めました。

3月25日に花が5輪、咲きましたので、この日が我が家の桜の開花宣言となりました。

Dscn2867

3月29日に「名残りの雪」が降り、小林農場の畑にも桜にも、雪が積もりました。

Dscn2860 Dscn2858

今年ほどではないですが、去年も桜が満開を迎える頃に雪が少し降って、桜の花に雪が積もりました。この数年間、3月末に名残の雪が降っています。

「桜と名残の雪」の組み合わせが、今後、日本の春の新たな風物詩となるのでしょうか。

自動車のタイヤを冬用タイヤから普通タイヤに交換するのは、桜の花が散った後にやったほうがよいかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「雷乃声を発す(かみなりこえをはっす)」
  雷が鳴り始める頃とされています。

期間: 3月30日(火)~4月3日(金) 

月齢: 3月30日は6、4月3日は10  

小林が選曲した「この季節の歌」

  「なごり雪」 右をクリックすると、この曲をお聴きになれます。なごり雪2.wav

2020年3月31日 (火)

令和2年3月30日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・名残りの雪の中の収穫

今回の内容です。

じゃがいも、人参、里芋、長ネギ、ゴボウ、ほうれん草、しろ菜、菜の花、乾麺

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月29日の日曜日、関東地方に「名残りの雪」が降り積もりました。

Dscn2853 畑の様子。菜の花と雪。

Dscn2864 雪をどかしながら人参を収穫している様子。

ヤマイモを畑から掘り出して今回の野菜セットから出荷しようと思いましたが、葉物野菜などを雪をどかしながら収穫するのに手間取っているうちに、ヤマイモを掘り出す時間がなくなってしまいました。

代わりに、今回の2000円セットには、室内で保管していた乾麺を入れさせていただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の金曜日に完成した農場通信には、「暖冬のおかげで今年は一度も畑に雪が降り積もることがなく、収穫作業が楽だった」という話を書いて、金曜日にお届けした野菜セットに入れました。

その直後の日曜日に、畑に降り積もるほどの、まさかの雪。農場通信に書いた話が、すっかりすべってしまいました。

「冬には雪が降り積もることがなかったのに、桜が咲いた頃になって初めて雪が降り積もった」というこの珍事を農場通信のネタにしないわけにはいかず、昨日の月曜日に野菜セットをお届けする直前に急きょ、今回の名残の雪のことも農場通信に書き加えてみました。

すぐに道路から雪が溶けてくれて、よかったです。先週、配送車のタイヤを冬用タイヤから普通タイヤに交換したばかりでした。

 

2020年3月30日 (月)

令和2年3月27日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・ゴボウについて

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、里芋、長ネギ、ゴボウ、キャベツ、サニーレタス、ほうれん草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn2865

畑から掘り出してきたばかりのゴボウ。葉を切り落として出荷します。

ゴボウはすでに去年の暮れには土の中で収穫時期を迎えていました。

冬の間は寒さで葉が枯れてなくなるのですが、3月に入って暖かくなると、再び新芽を伸ばして葉を茂らせます。

葉に養分が徐々に吸収されてゆくので、食用部の根は次第にスカスカとなってゆき、スが入りやすくなります。

よって、ゴボウの本当の食べ頃は、冬です。小林農場の場合、3月から4月にかけて他に収穫できる野菜が少なくなるので、ゴボウを冬には出荷せず、3月まで温存しています。

今の時期でもおいしくゴボウを食べられます。ただ、スが入りやすくなってきています。

特に太く育ったゴボウは、商品にならないくらいに中身がスカスカになってしまっている場合もあるので、今後の出荷は注意しないといけません。

収穫してきたゴボウをできるだけ多く自分で料理してみて、どのくらいの太さのゴボウならスが入らずに良い状態で出荷できそうなのか、確認してゆきたいと思います。

 

2020年3月29日 (日)

七十二候を追う・ 「雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)」~シデコブシについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

3月20日から3月24日までの従来の七十二候は「雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)」 スズメが巣を作り始める頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

小林農場独自の3月20日から3月24日までの七十二候は 「百花咲き ウグイス鳴いて ハチが飛ぶ」

コブシ、ハクモクレン、レンギョ、ユキヤナギ、ボケなど、葉を出すよりも先に花を咲かす樹々。いっせいに花を咲かせています。

すると、今年は初めてウグイスの鳴き声を聞き、今年初めてキジが歩いている姿が見られ、今年初めてミツバチが飛んでいる姿も見られました。

花が咲くのと同時に、鳥や虫も動き始めました。花と鳥、虫の間には、何か深い関係があるように思えます。

Dscn2831

花弁が多くて、それぞれがうねりながら伸びてゆき、色は薄い紅色の花。近所に咲いていた印象的な花です。おそらく、シデコブシではないかと思います。

Dscn2827 Dscn2834 Dscn2830 Dscn2847

百花繚乱。そして、少し遅れて、いよいよ桜が花を咲かせます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「桜始めて開く(さくらはじめてひらく)」
  初めて桜の花が咲く頃とされています。

期間: 3月25日(水)~3月29日(日) 

月齢: 3月25日は1、3月29日は5  

小林が選曲した「この季節の歌」

  「さくらさくら」 右をクリックすると、この曲をお聴きになれます。さくらさくら.wav 

2020年3月28日 (土)

動物と人が共に暮らす風景   令和1年9月12日

野菜セットには、野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、数か月前の過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------

動物と人が共に暮らす風景   令和1年9月12日

朝夕は日毎に涼しくなってまいりました。皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  去年の夏、捨てられていた猫の赤ちゃんを私が引き取ることになりました。オスのトラネコで、私の掌に収まるくらいのこの小さな赤ん坊に、「ヤチオ」と名前を付けました。

  ヤチオの体はどんどん大きく育ち、夜にはエサを食べに住まいに帰ってきて、朝になれば外へ遊びに飛び出す毎日を送っていました。近所の飼い猫ともよくじゃれ合い、ご近所さんにも気に入られてかわいがられていました。私が飼っている犬にもヤチオは懐き、私が犬を連れて散歩に出掛けると、ヤチオもその後をずっと勝手についてきていました。

  先週からヤチオが夜になっても住まいに戻らなくなり、その姿がどこにも見当たらなくなりました。数日間後、住まいの外側に設置している灯油タンクの下に、体を丸めてうずくまっているヤチオの姿を発見しました。もう動くことはなく、死んでいました。

  ヤチオの首筋には深く切り裂かれた傷跡が走っていました。外で遊んでいる最中に何かしらの獣とケンカしたのかもしれません。どこかで致命傷を負った後、ヤチオは最後の力をふり絞って私の住まいまで帰ってきてくれました。ヤチオが生きているうちに私が早く見つけ出してやれば命を救うことができたかもしれないと思うと、胸が苦しくなります。

  洗濯物を干す竿のすぐ近くに亡骸を埋葬し、ささやかなお墓を建てました。私が洗濯物を干す度に私の足音が地下に伝わり、ヤチオもさみしがらずに永眠できると思います。

  動物愛護団体などは、飼い猫を外には出さずに室内で飼うことをすすめています。外には危険もあり、飼い猫を長生きさせたいのであれば外に出さないほうが安全でしょう。ただ、外に出ることができずに不自由だけれども安全な生涯と、危険はあるけれども広い外の世界を好きなだけ駆け回れる自由な生涯と、猫にとってはどちらが幸せなのかはわかりません。わずか1年間のヤチオの生涯でしたが、私はその短い生涯を不幸だったとは思いません。

  猫にはネズミを捕まえるという本能があり、作物や収穫物を食い荒らしにやって来るネズミを見張ってくれます。農村では飼い猫を室内に閉じ込めることは滅多にしません。

  私が農業研修生として師匠の農場で研修させていただいた頃、野菜栽培の他に養豚や養鶏も学ばせていただきました。広い放牧場が用意されていて、そこに放たれた豚や鶏は太陽の光を浴びながら走り回り、夢中になって土をほじくり返したりしていました。

  近代の畜産では、狭い畜舎に多数の家畜をぎゅうぎゅうに詰め込んで育てる飼育方法が主流となっています。そうしたほうが効率的に大量の肉や卵を生産できます。それでも私の師匠は、家畜が広々とした大地でのびのびと暮らしている風景を大切にされていました。そのように育てられた農場の豚の肉や鶏の卵はおいしくて安全だと、好評でした。

  豚や鶏は人間に食べられるためだけに存在しているのではないし、犬や猫も人間に癒しを与えるためだけに存在しているのではありません。本能の赴くままに自由に体を動かして命を全うしたいという願いを携えながら存在しています。その願いに寄り添うことにより人は動物と心を通わせられるということを、ヤチオは私に思い出させてくれました。 

2020年3月25日 (水)

令和2年3月23日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・野菜セット代金のお支払いについて

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、里芋、長ネギ、ゴボウ、キャベツ、サニーレタス、ほうれん草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小林農場の野菜セットの代金は、基本的には毎月、後払いで小林農場の口座に振り込んでいただくように皆さんにお願いしております。

この4月より、日本郵政の手数料の変更により、農場の普通口座に振り込む場合は手数料が100円、振込用紙を使って振り込む場合は手数料が150円、それぞれ皆さんに負担していただくことになります。今までよりも少し、値上げされることになります。

「毎月、手数料を支払うのを回避するために、3か月分ほどの野菜セット代をまとめて振り込みたい」「野菜セットの配送時に直接、小林に現金で支払いたい」などのご要望がある方は、小林までご相談ください。皆さんのご要望に、できるだけお応えしてまいりたいと思います。

この数年間、宅急便の送料も値上げされています。現在の小林農場では、遠方の方々に宅急便で野菜セットを配達する場合は、1箱につき700円の送料を請求させていただいております。

じわじわといろんなことが値上げしていますが、野菜セットを購入するための皆さんへの負担をできるだけ抑えてゆけるよう、対応してまいりたいと思います。

2020年3月24日 (火)

農が防災の常備品     令和1年9月5日

野菜セットには、野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、数か月前の過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------

農が防災の常備品     令和1年9月5日

涼風の候、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  毎年9月1日は「防災の日」。自然災害多発地帯に位置する日本列島では毎年、地震や豪雨などでどこかの市町村が大きな被害を受けています。日本で暮らしていれば誰もが被災者になる可能性がありますので、自然災害に備えておく必要があります。

  8年前の東日本大震災では栃木県も大きな被害を受けましたが、流通が寸断されて食材が県内に運ばれにくくなり、スーパーやコンビニエンスストアの棚には食材の姿が消えて空となり、しばらくの間、食材を購入しにくい状況が続きました。被災した後に食材を探し求めようとするのでは遅すぎます。いつも自宅に防災食を常備しておくことが肝心です。

自然災害が発生した後、住まいが壊れずに無事でも、数日間は電機・水道・ガスが使えなくなります。料理がいちじるしくやりにくくなりますので、缶詰やレトルト食品など、常温で長期間貯蔵ができて料理の手間が省ける食材を防災食として常備しておくとよいです。野菜ではジャガイモなどの常温でも保存が効くものが防災食として有効です。

  長く貯蔵できる防災食にも賞味期限はあります。すでに賞味期限の切れていることに気づかぬままこれらの防災食を棚の奥に放置したまま無駄にすることがないように、普段の食生活にも防災食を消費して、消費した分を買い足してしまっておくとよいです。

  最近の缶詰やレトルト食品はおいしくて種類が豊富なので、普段の食生活にも取り入れられます。普段から防災食を料理していればどの防災食が自分の口に合うのか事前に確認できますし、自然災害が発生して防災食に頼らなくてはいけなくなった時に、いつも食べ慣れている防災食を食べれば気持ちも落ち着きます。被災時だからといって自分の口に合わない防災食を我慢して食べれば、逆にストレスを溜めてしまうかもしれません。

  ペットボトルに詰められた飲料水や、カセットコンロやボンベを常備しておけば、水道やガスが使えなくなっても最低限の料理ができます。普段から庭でバーベキューをしたりキャンプ場でキャンプしたりする習慣があれば、その経験は被災時にも応用できます。「停電ごっこ」「断水ごっこ」を楽しめるようになれれば、しめたものです。

  特別に防災訓練をするのではなくて、普段の日常生活の中で防災に必要な準備が自然と身についてゆければよいです。農家は自分の畑で常に作物を栽培していますので、被災しても畑が無事ならば畑から食材を確保できます。農業を営むこと自体が防災となります。

  被災後にはガソリンなどの燃料も入手しにくくなるので、普段からマメにガソリンスタンドに寄って、野菜セットを皆さんのお宅にお届けする配送車などの燃料を常にたくさん貯えておくようにしています。再び栃木県が自然災害に襲われても、小林農場は普段通りに皆さんに野菜セットをお届けできるように準備しておきたいと思います。

被災時にはジャガイモなどの常温保存できる種類の野菜を多めに入れたりして被災時用の内容に変更するとは思いますが、基本的には普段とあまり変わらない内容でお届けしたいです。被災時でも「普段通り」に生活できれば元気も出てくるでしょう。

2020年3月23日 (月)

令和2年3月20日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・長ネギの自家採種

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、里芋、長ネギ、ゴボウ、キャベツ、サニーレタス、ほうれん草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、野菜セットに入れた長ネギは、私が自分で種を採りながら育成している品種の長ネギです。どうぞご賞味ください。

Dscn2837

今年も長ネギの種を採ろうと思います。上の写真は、母体として選抜された長ネギ。収穫された長ネギの中から立派な姿なものを、母体として選抜します。

Dscn2838 Dscn2839

選抜された母体を畑に埋め戻している様子。

夏になれば母体は花を咲かせて種を実らせ、それを私が採ります。

2020年3月22日 (日)

七十二候を追う・「菜虫蝶と化す(なむしちょうとかす)」~コブシについても~

1年間を72等分した「七十二候」。日本には72の季節があります。

3月15日から3月19日までの従来の七十二候は「菜虫蝶と化す(なむしちょうとかす)」 冬を過ごしたさなぎが羽化し、蝶になる頃とされています。

小林農場では、自分の地域に合った現代版の七十二候を独自に作成しています。

小林農場独自の3月15日から3月19日までの七十二候は 「てのひらを 開いたように 咲くコブシ」。小林農場のご神木のコブシが、花を咲かせ始めました。いろんな樹が花を咲かせる時期ですが、まずコブシが先陣を切って花を咲かせます。

Dscn2817

Dscn2773 冬の頃は冬芽の状態ですごします。

Dscn2801 この時期、冬芽がパカリと割れて・・・

Dscn2822 掌を開いたような花を咲かせます。

コブシは昔から農家に馴染みの深い樹で、各地で「田打ち桜」「種まき桜」「芋植え花」などと呼ばれて、畑に種を播き始めたり、種イモを植え始めたり、コブシの花が咲くのを目安にして農作業を始める地域もあるようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の七十二候は 「雀始めて巣くう(すずめはじめてすくう)」

  スズメが巣を作り始める頃とされています。

期間: 3月20日(日)~3月24日(木) 3月20日に春分、3月23日に彼岸明け

月齢: 3月20日は26、3月24日は30  3月24日に新月  

小林が選曲した「この季節の歌」

  「花」 右をクリックすると、この曲をお聴きになれます。花.wav 


2020年3月18日 (水)

令和2年3月16日の旬野菜詰め合わせ(野菜セット)・3月からのキャベツ、レタスの出荷

今回の内容です。

じゃがいも、人参、大根、里芋、長ネギ、ゴボウ、キャベツ、サニーレタス、ほうれん草、しろ菜、菜の花

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」

「その野菜は好物なので、もっとたくさんほしい」

「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜は除いてほしい」など

旬野菜詰め合わせ(野菜セット)についての皆さまからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は電話やメールで農場まで、または、小林に直接、お伝えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscn2796 Dscn2721_20200318053001

今回の2000円セットには、キャベツとサニーレタスを入れてみました。

通常、これらが収穫されるのは4月、5月からですが、今年の暖冬の影響で、3月に少しだけ、収穫できました。

地球温暖化のため、昔と比べて冬の寒さが和らいできています。今後は3月からキャベツやレタスが安定して収穫できるようになるかもしれません。

3月、4月は、1年で最も収穫できる野菜が少なくなる端境期(はざかいき)となります。この時期に新たにキャベツやレタスが収穫できるようになれば、ずいぶん助かります。

ビニールハウスの中で保温しながら栽培すれば、けっこう簡単に3月から収穫できるかもしれませんが、小林農場にはそんなに大きなビニールハウスはありません。露地栽培でキャベツやレタスを無事に冬越しさせてゆくやり方を、学んでまいりたいと思います。

 

 

«「畑の土」ができるまでの長い道のり    令和1年8月29日

フォト
無料ブログはココログ