小林農場 風家(かざいえ) のブログ トップページ

このブログの最新の記事はこちらをクリックしてご覧ください。

--------------------------------------------------------------------

P4041127_2P7032449_2Dscf1576

 

P6081184

 

 

 

 

 

 

 

Pa241541

 

Pa241535P2020835

 

 

 

 

 

 

P4242166

 

 

 

 

 

Dscf0469 小林農場 風家(かざいえ) の連絡先

〒321-3415 栃木県芳賀郡市貝町杉山1000-1

 電話 090-4915-1418 または 0285-81-5228

(留守の場合、留守番電話にご自宅の電話番号を伝えていただければ、後ほどこちらから連絡させていただきます)

 メール kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野菜セット をお届けしています。

Dscf1576

 

 

 

 

 

 

 

小林農場は、旬の野菜を詰め合わせて各ご家庭にお届けしています。

詳細はこちらをクリックして、「小林農場 風家(かざいえ)の野菜セットのご案内」をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農場の物語の世界へ ようこそ。 

毎回公開・野菜セットの内容・・・野菜セットの内容を、毎回公開しております。

農場通信・・・農場で起こっている出来事をつづています。その時に感じたこと、考えたこと、農場が目指していること、農場の想いをみなさんにお伝えしています。

追跡・作物の生育日記 ・・・さまざまな野菜の生育状況を追跡しながら、写真でお伝えしております。

小林家の食卓 ・・小林農場の野菜を使った料理方法をご紹介いたします。

歳時記・・・旬の季節の農場の光景を、写真でつづります。写真をクリックすると写真が拡大してもっと見やすくなります。

命名百科・・・小林農場で出会える生き物を、写真や挿し絵などで公開しています。

関連リンク 名曲の殿堂・歌の図書館 ・・・小林が趣味で作っている、たくさんの名曲を載せているページです。

 

2021年9月19日 (日)

令和3年9月17日の野菜セット・配送や栽培方法について見直す

9月17日の野菜セットの内容です。

じゃが芋、玉ねぎ、キュウリ、カボチャ、莢インゲン、モロヘイヤ、ニンニク、クウシンサイ、ニラ、青シソ、ゴーヤまたはナス、ミニトマトまたはオクラ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

ありがたいことに、去年より新規に小林農場の野菜セットを定期購入してくださるご家庭が増えています。

おそらくコロナ禍の影響で自宅で料理する機会が多くなっているご家庭が増えているのが主な原因ではないかと推察しております。

出荷数の増加に伴って、出荷作業も時間がかかるようになりました。

最近は皆さんのお宅に野菜セットをお届けする時間帯がズルズルと遅くなってゆき、バタバタと慌ただしい私の姿を皆さんにさらしながら配送しております。もっと早い時間帯にゆったりと皆さんのお宅にお届けできるように出荷作業を見直してゆかなくてはいけないと考えています。

今までは主に配送日の当日に収穫・出荷作業を一気に行ってきましたが、今後は配送日の前日には終わらせられる準備を終わらせておくように工夫してまいりたいと思います。

出荷数が増加するに伴って、野菜の生産量ももっと上げてゆかなくてはいけません。今後は栽培方法も見直す必要があります。

今はたくさんのご家庭が野菜セットを定期購入してくださり、農家として生計を成り立たせてゆくことが以前よりもずっと楽になりました。新規に野菜セットを定期購入してくださるご家庭を見つけるのがなかなか難しかった数年前の私と比べて、今の私はとても恵まれています。

これからも新規に野菜セットを定期購入しようとしてくださるご家庭を大歓迎しながら迎え入れてゆきたいです。そのためにはもっと野菜の生産量を上げてゆかないといけません。

どうすれば生産量を上げてゆくことができるのか?まずは睡眠時間をしっかりと確保して体調を整え、農場内で散らかっている箇所を少しずつ片づけて整理整頓の習慣を身に付けてゆくことから始めて、地道に生産量を上げてゆくことを心掛けています。

定期購入してくださっているご家庭に「小林農場の野菜セットを定期購入していてよかった」と思っていただけるような野菜セットを毎回、お届けできるように、地道に精進してまいりたいと思います。

 

2021年9月16日 (木)

令和3年9月13日の野菜セット・秋に収穫される予定の作物の様子

9月13日の野菜セットの内容です。

じゃが芋、玉ねぎ、細ネギ、キュウリ、ナス、ピーマン、カボチャ、莢インゲン、モロヘイヤ、クウシンサイ、ニラ、青シソ、ニンニク、ゴーヤまたはミニトマト

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーー

秋に収穫時期を迎える予定の作物の様子です。

P1040579 白菜の苗の様子。

P1040583_20210914053001 キャベツの苗の様子。

P1040584 発芽したばかりのカブの芽の様子。

数年前までは、ネキリムシやら、シンクイムシやら、ダイコンハムシやら、害虫どもが大暴れして作物が壊滅してしまうことも珍しくありませんでしたが、最近はこれらの害虫がずいぶんと大人しくなり、害虫対策がずいぶんと楽になっているように感じています。

去年はキャベツや白菜などの苗には防虫ネットを覆って害虫対策を行いましたが、今年はその手間を省いて、防虫ネットで覆わずに栽培しています。今のところ虫に食われた葉は目立たず、順調に育っているように見えます。

去年は残暑まで暑い日が続き、畑に植えたキャベツや白菜の苗がカラカラに乾いて枯れてしまうこともありました。今年はお盆が過ぎた後には雨の日が続き、畑はよく湿っていたので、苗を畑に植えた後はかん水することもなく無事に根付いてくれています。

2021年9月15日 (水)

鳥インフルエンザから考えるウイルス対策  令和3年3月18日

野菜セットには野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

----------------

鳥インフルエンザから考えるウイルス対策  令和3年3月18日

花の便りが聞かれるこの頃、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

  先日、小林農場の地元である栃木県芳賀郡の養鶏場で鳥インフルエンザが発生して、鳥インフルエンザウイルスの感染拡大を防止するために養鶏所の鶏は全て殺処分されて埋められました。付近の養鶏所も肉や卵を出荷する際に様々な制限を受けることになりました。

  鳥インフルエンザは鳥に罹る感染症であり、よっぽどのことがなければ人間がウイルスに感染して鳥インフルエンザに罹ることはありません。鶏の卵や肉にウイルスが付着していても、ウイルスは熱に弱いので普通に加熱して料理すれば問題なく食べられます。

  鳥インフルエンザウイルスは遠くから渡ってきた野鳥によって海外より運ばれ、それらが何かに付着しながら鶏舎の中まで移って鶏へと感染し、複数の鶏が突然、次々に亡くなって感染が発覚します。現在の多くの養鶏場では卵や肉を大量に生産できるように、数万羽の多数の鶏を集中して鶏舎に囲いながら飼育していますが、密閉・密集・密生の環境下で飼育されているので感染症などの病気が広まりやすくなります。感染を防ぐためにたくさんの薬やワクチンを鶏に与えたり、たくさんの消毒液を鶏舎に散布したりしています。

  私の農業の師匠も鶏を飼育していて、私も養鶏について学ばせていただきました。現在の一般的な養鶏場とは違って師匠の鶏舎は日当たりと風通しの良い場所に建てられていて、床は広々としていて鶏は自由に動き回っていました。ときどき鶏舎の外に鶏を放して、鶏は太陽の陽を浴びながら夢中になって土を嘴でつついたり足でかき回したりしていました。

  師匠は豚も飼育していましたが、広々とした放牧場で豚は寝そべったり泥遊びをしたりして暮らしていました。ときどき元気な豚が柵を壊して脱走し、放牧場に連れ戻そうとする私達から逃げ回って大変でしたが、巨体を揺らしながら疾走する豚の姿は見ものでした。

  少数の家畜を広い空間で飼育しようとすると手間がかかって生産効率は良くありませんが、日当たりと風通しの良い環境で家畜は健全に育ち、病気に罹りにくくなります。野外で病原ウイルスに感染しても発症しにくく、薬もワクチンも消毒液も必要なくなります。

  農林水産省は、放牧場で豚が野生のイノシシなどと接触して病原ウイルスをうつされないように、豚は豚舎に囲うようにして放牧させることを禁止することを検討し始めています。農水省は病原ウイルス感染予防のためには家畜を施設に閉じ込めるべきだと考えています。しかし鳥インフルエンザは鶏舎に鶏を閉じ込めて飼育している養鶏場で発生しています。ウイルスは人の目には見えず、ウイルスの侵入を完璧に防ぐことは無理です。

鶏を野外で飼育している養鶏場で鳥インフルエンザが発生しているわけではありません。野外で健全に育った家畜はウイルスに感染しても発症しにくく、閉じ込められることによって家畜はストレスを溜め込んで免疫力を落として常に薬やワクチンや消毒液に依存しないといけないような病弱な体質になります。ウイルス感染の防止に力を注ぐよりも、ウイルスに感染しても発症させないように家畜を健全に飼育することに力を注いだほうが良いと思います。そうすればウイルスを過度に恐れずに共存してゆけるようになります。

---------------

追記(9月15日記入)

病原ウイルスを過度に恐れて過度に感染を予防すると、かえって生き物は病弱になってしまう場合もあります。

今後、私達が病原ウイルスと対峙してゆく時に、忘れてはいけないことだと思います。

2021年9月11日 (土)

令和3年9月10日の野菜セット・ニンニクのホイル焼き

9月10日の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、細ネギ、キュウリ、オクラ、カボチャ、モロヘイヤ、ニラ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク、ナスまたはピーマン、サヤインゲンまたはゴーヤ

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2000円セットには毎週、ニンニクを入れています。

とても健康に良くて免疫力を高めてくれる野菜です。常温で長期間、保存できます。

もしもニンニクが使い切れずにたくさん溜まっている場合は、以下に書いた「ホイル焼き」で一気に消費してもよいと思います。

(注意:ニンニクのように香りが強くて栄養がたくさん詰まっているものは、あまりに過剰に大量消費すると、却って胃腸に悪影響を与える場合もあるらしいです。自分の体と相談しながらたくさん食べると良いです)

おすすめ料理「ニンニクのホイル焼き」(蒸し焼きにしてニンニクを一気にたくさん食べる)

1.ニンニクをアルミホイルに包んで、トースターやオーブンなどに入れて加熱する(10分ほど)

2.ニンニクに箸を刺してみてすっと刺さるくらいにホクホクと火が通れば、ニンニクを取り出す。

3.少しニンニクを自然に冷ました後、ニンニクの皮を取り除いて、塩やコショウやごま油などをかけて味付け。(ジャガイモ、カボチャでも同じように料理できる)

P1040589

ニンニクの食べ頃は9月下旬まで。10月以降は芽が出てくるので、食べにくくなります。

Imgp0650 

一つのニンニクは、だいたい6~7個の「りん片」に分かれます。このりん片を一つ一つ、畑に植えてゆきます。一つのりん片から芽が出て、やがて大きな球根に生育して、ニンニクとして収穫されてゆきます。

私達が料理しているニンニクのりん片が、そのまま種となります。小林農場でも9月中にニンニクの種を植えたいと思います。

2021年9月10日 (金)

令和3年9月6日の野菜セット・9月以降のキュウリの食べ方

9月6日の野菜セットの内容です。

じゃがいも、玉ねぎ、細ネギ、キュウリ、ナス、オクラ、ゴーヤ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク、ミニトマトまたはピーマン

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーー

この夏は、多くのご家庭が楽しみに待ってくださっていたトマトがほとんど実りませんでした。来年の夏に向けて、トマト栽培を見直したいと思います。

キュウリはおそらく、10月上旬まで出荷できる予定です。

夏の野菜であるトマトやキュウリには、暑さで火照った体を冷ましてくれる効用があります。でも、食べすぎると体が冷えすぎて体調を崩して、ますます夏バテしやすくなる場合もあるようです。

気温が低下してゆく9月以降には、キュウリを生で食べるのではなく火に通して温かくして食べると、体を冷やさずにおいしく食べられます。お味噌汁に入れたり、炒め物に加えて火に通してもおいしいです。

キュウリの魅力は、生食だけではありません。

Img_0317

2021年9月 8日 (水)

春のホウレン草は目まぐるしい   令和3年3月4日

野菜セットには野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

----------------

春のホウレン草は目まぐるしい   令和3年3月4日

水ぬるむ候、皆さま、いかがおすごしでしょうか。

昨年の10月から11月まで、1週間に1回ずつ、時期をずらしながらホウレン草の種を播き続けました。10月上旬に種を播いて育てたホウレン草は年末に収穫時期を迎えて、その後は年を越して1月末には10月中旬に種を播いて育てたホウレン草が収穫時期を迎え、先週までは10月中旬播きのホウレン草を野菜セットに入れて出荷してまいりました。

2月末になると10月中旬播きのホウレン草の葉色が明らかに薄くなってゆきました。収穫時期を迎えてからしばらく時間が経っていたので老化したのでしょう。老いたホウレン草は質が悪く、収穫後には短期間で葉が黄色に変色してしまったりしてもちが悪いです。

まだまだ10月中旬播きのホウレン草は畑に残っているのですが、「全部、収穫して出荷しないともったいない」と未練がましく思ったりせず、老いたホウレン草を出荷することを打ち切りたいと思います。10月下旬や11月上旬に種を播いて育てたホウレン草が新たに収穫時期を迎えていますので、それらの初々しいホウレン草をお届けいたします。

収穫時期を迎えて間もない若いホウレン草は収穫後のもちも良いです。時期をずらしながら何回にも分けてホウレン草の種を播けば収穫時期を迎える時期もずれるので、長い間、収穫時期を迎えてから間もない若いホウレン草を絶え間なく出荷してゆけるようになります。3月中には11月上旬に種を播いて育てたホウレン草が新たに収穫時期を迎えて、4月に入る頃からは11月下旬に種を播いて育てたホウレン草が新たに収穫時期を迎える予定です。2月に入ってからも毎週、時期をずらしながらホウレン草の種を少しずつ播き続けていますので、5月末まで若いホウレン草を絶え間なく出荷してゆけると思います。

3月、4月の野菜セットは貯蔵ができる根菜類が減ってゆき、代わりに葉物野菜を入れてゆくことが増えます。ホウレン草などの葉物野菜は鮮度が命なので、皆さんにはお届けした葉物野菜を新鮮なうちに食べていただきたいと思います。野菜セットの配送日当日の夕食にでもさっそく料理していただくのが一番良いと思います。そのためにはまず私が、皆さんが夕食の支度を始める前に皆さんのお宅に野菜セットをお届けする必要があります。今の時期はできるだけ早い時間帯に皆さんのお宅に配送できるように努力いたします。

遠方にお住まいのご家庭には宅急便を利用してお届けしておりますが、ホウレン草が収穫されてから皆さんのお宅に届くまでにあまり時間が経ってしまわぬように、段ボール箱に詰める直前にホウレン草を収穫して、鮮度の良いうちに輸送するようにしたいと思います。冬は畑が霜で凍ってしまい、霜が溶けるまでホウレン草を収穫することができずに収穫できる時間帯が限られていたので、箱詰めする1日前に前もって収穫しておかないといけませんでした。今後は霜が降りなくなるので、箱詰めの当日にも収穫しやすくなります。

のんびりと生育する冬の頃とは違い、春に変わって暖かくなるとホウレン草は生育を早めて収穫時期を早く迎え、同時に老化するのも早いです。春は目まぐるしくホウレン草の状態が変化しやすく、それほど長くはない収穫適期に収穫してゆくことを心がけたいです。

2021年9月 7日 (火)

令和3年9月3日の野菜セット・農薬と新型コロナワクチンの類似性

9月3日の野菜セットの内容です。

玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、トマト、サヤインゲン、ゴーヤ、トウモロコシ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

農業は人の健康に関わる仕事です。今まで私は、農薬や原発や遺伝子組み換え食品など、人類が人工的に生み出し、予想ができない副作用も生み出してしまうかもしれない人工物に対して注意を支払ってきました。今は新型コロナワクチンに対して注意を支払っています。
農薬や新型コロナワクチンなどの人工物は、自然治癒力や自己免疫力を弱めてしまう副作用があるのではないかと、私は懸念しています。農薬散布を繰り返すことで畑の自然治癒力が弱まって虫害や病害に弱くなり、畑は常に農薬を散布しないと保てない状態になったりします。
海外では先行して大勢の人々が新型コロナワクチンの接種を行っていますが、ワクチンを2回、接種した後も新型コロナワクチンに感染して発症する人が続出して、感染が再拡大しています。「ワクチンを2回、接種しただけでは不十分なので、3回、接種したほうがよい」と判断されて、大勢の人々が3回目の接種を行っています。もしもそれでまた感染が拡大すれば、「4回、接種したほうがよい」と言うかもしれません。接種の回数を増やせば増やすほど、その副作用で人々の自己免疫力が弱まるかもしれません。
農薬を使用し始めると農薬をやめるのが難しくなります。ワクチンを接種すると、その後も頻繁にワクチン接種を繰り返さないと不安になってしまうかもしれません。農薬にも新型コロナワクチンにも依存性があるように見えます。
私は自分の畑に農薬を散布しませんし、自分の体に新型コロナワクチンを接種しません。「農薬を散布しないと作物を病原菌や害虫から守れない」と一般的に思われていますが、私は農薬を散布しなくても作物が健全に育つことを知っています。「新型コロナワクチンを接種しないとウイルス感染を防げない」と思い込まないほうがよいと、私は考えています。
ワクチンに関しては様々な意見があり、「ワクチンを接種する」という選択も、「ワクチンを接種しない」という選択も、どちらの選択も尊重されて、各個人が自由に選択できるようにすることが大事です。ただ、新型コロナウイルスは子供達にはあまり被害を与えないことが分かっているので、子供達がわざわざ副作用があるかもしれない新型コロナワクチンを接種する必要はないと、私は思います。
(下の写真は、農薬を散布しなくても元気に育っているキャベツの苗の様子)
P1040582 P1040583

 

2021年9月 4日 (土)

人とは共存できぬ存在   令和3年3月11日

野菜セットには野菜といっしょに「農場通信」もお配りして、野菜栽培の様子や農場の考え方などをお伝えしてしております。このブログでは、過去の農場通信を公開してまいりたいと思います。

----------------

人とは共存できぬ存在   令和3年3月11日

春陽の候、皆さま、いかかがおすごしでしょうか。

  今年の3月11日で福島第一原発事故が発生してから10年が経ちました。原発事故によって有害な放射性物質が福島県から東北・関東地方へ飛散して、広い地域が放射能汚染を受けました。人の目には見えぬ放射性物質は回収されぬまま今でも残留し、今後も長期間、山林を汚染し続けます。福島第一原発事故は、10年経った今でも終わっていません。

  放射性物質に接触して被ばくすると人の体に障害が生じて、癌や白血病などの様々な病気に罹りやすくなります。事故の直後、畑の土も作物も放射性物質で汚染された可能性があったので、それらの安全性が確認されるまでは小林農場は野菜の出荷を自粛しました。その頃はまだ原発事故の影響で発症した人は見当たらず、「皆が過度に放射能汚染を恐れすぎて経済活動を自粛すると社会が壊れるので、自粛は控えるべきだ」という意見もありました。

放射能汚染では人体が被ばくしてから発症するまで年月がかかる場合もあり、被ばくしてから数十年後に発症する場合もあります。被ばくした直後に発症しなければ安心してよいわけではなく、しばらくの間は健康被害を警戒しておく必要があります。東北・関東地方の住民は放射能汚染に対しては意識的に恐れておいたほうがよいと私は思いました。

35年前に旧ソビエト連邦で発生したチェルノブイリ原発事故では、原発周辺の住民は他の地域に避難させられましたが、複数の専門家からは「故郷を離れることによるストレスで健康を損ねてしまい寿命を縮めてしまった人々もいた。過度に放射能汚染を恐れすぎることによって健康を損ねてしまう場合もある」と指摘しています。「病は気から」と言いますが、人は心にストレスを溜め込むと免疫力が下がって病気になりやすくなります。

いっぽうで、チェルノブイリ原発に近い地域では、原発事故から数年経った後にやたらと病人の数が増えた町もあり、複数の専門家は「原発事故によって多くの住民が被ばくしたことが原因だと考えられる」と指摘しています。被ばくによって発症しても原発事故から年月が経っていると何が原因で発症したのか判定することが難しくなります。原発事故は国の責任であり、被ばくによって病気に罹った国民に政府は賠償する責任がありますが、被害者は病因を証明できなければ政府は賠償をしません。福島の原発事故で被ばくした日本人も今後、被ばくによって発症しても日本政府が賠償してくれるのかどうか、分かりません。  

幼い子供達は放射線に対する感度が高く、被ばくによって大人達よりも犠牲になりやすいです。年をとった者から先に天寿を全うしてゆくのが自然ですが、原発事故による被曝の影響で子供達のほうが先に亡くなってゆくのは残酷なことであり、回避するべきです。

  人間は生態系の一員で他の生き物と共存してゆく能力が備わっていて、病気を引き起こす病原菌に感染してもやがて免疫を身につけて病原菌とも共存してゆきます。しかし人類が人工的に作り出した放射性物質は生態系から外れた存在であり、この物質が人間の体に与える影響は未知です。子供達の未来を奪いかねない放射性物質とは、私達は共存できません。放射性物質を排出し続ける原発を再稼働するべきではないと小林農場は考えます。

ーーーーーーーーーー

追記(9月4日記入)

原発から排出される放射性物質、農薬、、新型コロナワクチン・・・。

これらは人類によって人工的に作り出されたもので、人の体に長期的に与える副作用がまだよく分かっていません。特に子供達への影響が懸念されます。

副作用の恐れのある人工物をできるだけ体に取り入れないことが、健康を維持してゆくために大切だと思います。私は自分の畑に農薬を散布しませんし、放射性物質を自分の体に摂取しないようにして、新型コロナワクチンも接種しません。

小林農場は、農薬や原発や新型コロナワクチンを使用しなくてもよい暮らし方を模索してまいりたいと思います。

2021年9月 3日 (金)

令和3年8月30日の野菜セット・夏は終盤、秋の訪れ

8月30日の野菜セットの内容です。

玉ねぎ、キュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、大玉トマトまたはミニトマト、サヤインゲン、ゴーヤ、トウモロコシ、モロヘイヤ、クウシンサイ、青シソ、ニンニク

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、ご連絡ください。

ーーーーーーーーーーーー

・モロヘイヤが花を咲かせ始めています。花が咲いたモロヘイヤはおいしく食べられませんので、花の咲いていないモロヘイヤを選んで収穫しています。おそらく9月下旬には、全てのモロヘイヤが花を咲かせて、出荷が終了します。

・8月末より気温が低くなり、オクラの果実の表面に「イボ」が生じやすくなっています。少し見た目に違和感を感じるかもしれませんが、「イボ果」もおいしく食べられます。オクラは夏の作物で、夏から外れると「イボ果」が生じやすくなったりします。9月末か10月上旬に出荷が終了します。

モロヘイヤやオクラが、夏が終わってゆく兆しを伝えてくれています。

いっぽうで、秋の訪れを伝えてくれる作物もあります。

P1040562 カボチャの収穫を開始。

カボチャは収穫後にも熟成して甘くなります。もう少し熟成させてから出荷したいと思います。

2021年8月29日 (日)

クロメンガタスズメ(黒面型天蛾)  ~小林農場で出会える虫~

クロメンガタスズメ(黒面型天蛾)の幼虫

大型で 色鮮やかな 芋虫が

トマト畑で 尾角を曲げる

P1040491

_20210823_0001

上の挿し絵をクリックすると、挿し絵が拡大されてもっとみやすくなります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

命名百科 ~小林農場で出会える生き物~

「命名百科」では、小林農場で出会える生き物を写真や挿し絵で紹介しています。よろしければ上をクリックしてご覧ください。

«令和3年8月27日の野菜セット・新型コロナワクチンについての小林農場の考え方

フォト
無料ブログはココログ