2017年2月23日 (木)

小林農場 風家(ざいえ) のブログ トップページ 

最新の記事はこちら

Dscf0470小林農場 風家(かざいえ) の連絡先

〒321-3415 栃木県芳賀郡市貝町杉山1000-1

 電話 090-4915-1418 または 0285-81-5228

(留守の場合、留守番電話にご自宅の電話番号を伝えていただければ、後ほどこちらから連絡させていただきます)

 メール kobayashi7kazahiko@yahoo.co.jp

 

 

P4041127_2P7032449_2Dscf1576

P6081184

Pa241541

Pa241535P2020835

P4242166

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小林農場 風家(かざいえ)の野菜セットはいかがですか?

  小林農場は、各ご家庭に、安全性に配慮して生産した多種類の旬の野菜をセットにしてお届けしています。ご興味のある方はここをクリックしてご覧ください。

 

毎回公開・野菜セットの中身 

___________________________________________________________________________________________________________________________

ブログの主役は畑の作物

 

小林農場の畑で育つ作物の生育の様子を写真に収めながらつぶさに追跡。みなさんもどうぞ、育ってゆく作物の様子をいっしょに見守っていてください。

オクラ  カボチャ  (=)キャベツ  キュウリ  ||ゴボウ  サヤインゲン  {}サヤエンドウ  ()ジャガイモ  ズッキーニ  ()ソラマメ  ダイズ  ()タマネギ  トマト  ()夏野菜の苗   ニラ  ニンジン  ||ネギ  ハクサイ <>ホウレンソウ  <>葉物野菜全般  <>春野菜全般   ヤマイモ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

農場の物語の世界へ ようこそ。 

農場通信・・・農場で起こっている出来事、その時に感じたこと、考えたこと。農場がめざしていること、農場の想いをみなさんにお伝えしています。

歳時記・・・旬の季節の農場の光景を、写真でつづります。写真をクリックすると写真が拡大してもっと見やすくなります。

栽培暦・・・現在行われている農作業を公開しています。毎週、更新。

調理法・・・野菜が主役のおいしくて、なおかつ簡単な料理法をご紹介いたします。

その他  

画面右の「カテゴリー」には上記に含まれていない過去の記事もあります。

関連リンク  

*小林武のFacebook(このブログと同じ内容の記事を小林武のFacebookにも投稿しています。もしFacebookに加入されている方は、小林武のFacebookに「友達リクエスト」をしていただくと、もっと小林農場の最新のブログ記事にアクセスしやすくなるかと思います。)

*歌うブログ(小林が愛した名曲を紹介する趣味的なページです)

平成29年2月20日、21日の野菜セット(乾麺について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、里芋、カボチャ、ほうれん草、油菜、みぶ菜、京菜、乾麺

 

「食べきれないので野菜の量を少なくしてほしい」「その野菜は好物なのでもっとほしい」「特定の野菜にアレルギー反応があるので、その野菜を除いてほしい」など、野菜セットについてのみなさんからのご要望を個別に承ります。ご要望のある方は、電話やメールで農場まで、または、小林に直接にお伝えください。

 

今回の野菜セットには乾麺を加えてみました。小林農場が栽培した小麦を、地元の製麺所で製麺しました。

市販で販売されている乾麺と比べて色が黒いのが小林農場の乾麺の特徴です。粉の風味が香る麺に仕上がっています。

通常はご購入をご希望される方のみにお届けしている商品ですが、現在のように出荷できる生野菜が少ない時期は、期間限定で野菜セットの1品として加えています。

小麦の品種は「農林61号」を使用。太い麺にして製麺。冬の寒い時期に煮込んで食べると、おいしいです。

いっぽう、小林農場が小麦粉に加工している小麦の品種は「南部」です。南部を太麺に加工してみると、煮込んだ時に食感がモサモサとして食べにくいというご感想をいただきました。乾麺に加工する小麦には「農林61号」を利用すようにした以降、おかげさまで、好評をいただけるようになりました。

しかし、南部を太麺ではなく細麺に加工して、さっとゆでてざるそばやサラダにして食べると、南部のすばらしい香りを堪能することができます。「農林61号の太麺」だけでなく、「南部の細麺」もレシピをつけてお届けすれば、乾麺のいろんな楽しみ方をお伝えできると思います。

でもやっぱり、「南部」は乾麺にするよりも小麦粉にしたほうがよく売れるかな。

2017年2月22日 (水)

栽培暦 平成29年2月5日~2月11日(冬の土の団粒の様子)

この週の仕事の内容です。

収穫・出荷  片づけ  育苗  ビニールトンネルを張る  サヤエンドウの支柱を作る  有機物の入手、畑に散布  播種(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、レタス類など)

Dscf0947


冬の間の畑の表面の様子です。粘土が練られたような「ゴロゴロ」とした感じでもなく、全く粒が見られない砂のように「サラサラ」とした感じでもなく、ちっちゃな塊がたくさんくっついているような「ホロホロ」とした優しい感じの土です。

この「ホロホロ」としている土のことを、専門用語で「団粒」と呼びます。土が団粒になっていると、作物も気持ちよく根を伸ばして健全に育つようです。

小林農場の畑の多くは、土が粘土質で、耕すとゴロゴロとしてしまいやすく、種まきなどの畑仕事がやりにくいです。それが、冬の間だけは、ゴロゴロとしていた土がホロホロとした土に変わり、一面が覆われていました。おそらく、数カ月間、トラクターで土を耕さなかったからだと思います。

土の中に手を突っ込んでみると、ホロホロトしている土は表面だけで、そのすぐ下は固かったです。先週、トラクターで土を深く耕してみたら、下の写真のとおり、ホロホロと優しかった土の表面が、ゴロゴロの荒々しい風景に変わりました。

Dscf0948

農閑期が終わり、これからいろんな作物が作付けされてゆく度にトラクターで畑を耕す作業が欠かせないので、どんどん畑の土はゴロゴロに変わってゆくでしょう。

小林農場の畑の中で、「下畑」と呼ばれている畑は、数十年間、堆肥を入れ続けて改良されてきたので、土の深くまでホロホロとしていて、トラクターで耕してもゴロゴロにならず、その表情はいつも優しいです。「下畑」は、土作りの生きた教科書です。

それにしても、冬になると、私が何もしなくても勝手に、ゴロゴロとしていた土の表面がホロホロと変わってゆく現象は、とてもおもしろくて興味深いです。
 

平成29年2月12日~2月19日(育苗の初期の様子)

この週の仕事の内容です。

収穫、出荷  片づけ  育苗  播種(葉物野菜、カブ、人参など)  播種(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、レタス類など)  除草(サヤエンドウ、春キャベツ)  有機物の確保、肥料の作成  サヤエンドウのネット張り  農機の整備  トラクター耕

Dscf0921_2


春野菜の育苗(苗作り)が始まっています。ポットに種を播き、温床の中で暖めながら発芽させて苗を育てます。

上の写真は、温床の中で、キャベツ、ブロッコリー、レタスなどの苗を育てている様子。

Dscf0923種まきされてから2週間が経過した、レタスの苗。

・温度

夜になればマイナスの5℃まで気温が下がる寒い時期ですが、夕方になって温床の上にフタをしてその上から毛布をかぶせて温めてあげれば、温床の中は夜間でも10℃前後の温度を維持しています。

あまり温度を高くしすぎても、苗は健全に育ちません。温度計をマメに確認していますが、温床の中は温度が高いようで、どんなに換気をしても、どうしても地温が30℃くらいまで上がってしまいます。本当は、地温25℃以下で管理したいのですが。

ただし、温度計は、横に置いたり縦に置いたり、置き方が違うだけでも違った数値を示すことがあります。あまり温度計の数値を過信してはいけません。自分の体が感じる体感温度を基にして温度管理をしたほうが良い場合もあります。

今のところ、順調に苗は発芽して生育しているので、私の今までの温度管理は間違っていないようです。

・水やり

床土が乾いて白く見えたら、水を与えています。

午後3時以降は、育苗ハウスは日陰になってしまいます。日の当たらない夜に床土にたくさん水分が残っていると、苗はヒョロヒョロと伸びてしまい軟弱に育つ傾向があるので、午後の遅い時間は、床土が乾いていても水を与えないようにしています。

・床土

今までのところ、2年間熟成させた床土を使用しています。床土の材料は主に落ち葉ですが、2年経過してすっかり細かく分解されて、1年だけ熟成させた床土よりも、扱いやすいです。

・温床

今回は温床の表面に、たっぷりとクン炭(モミガラの炭)を散布してみました。

温床の中にネズミが出没して、せっかく育っている苗を食べてしまうこともあります。ネズミはクン炭の匂いが苦手らしいので、クン炭はネズミ除けにもなるらしいです。

夜間は苗の上にぴったりとフタをかぶせて、物理的にも苗をネズミから守るようにしています。

2017年2月19日 (日)

2月17日の野菜セット(温存している作物について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、里芋、ゴボウ、カボチャ、ほうれん草、油菜、みぶ菜、京菜

2月17日

Dscf0916


3月から出荷する予定だったゴボウを、試しに畑から掘り出して、野菜セットに加えてみました。

品種は「サラダゴボウ」と「うまいゴボウ」(どちらもトーホク育成)。どちらもあまり長く伸びない小さいごぼうですが、香りが良いという特長を持っています。

以前は収穫をする前年の4月にゴボウの種まきをしていましたが、冬にはこん棒のような太さにまで生育してしまって扱いづらかったので、最近は種まきを遅らせて、梅雨に種を播いています。以前と比べれば、ちょうど良い大きさのゴボウが収穫できています。

とっくに収穫時期を迎えていたのですが、あまりたくさんゴボウを栽培していなかったので、今まで出荷せずに温存してきました。次回はもう少したくさん作って、冬の間、出荷できるようにしたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscf0953

株ネギ。今は寒さに当たって枯れ葉が目立って縮こまっていますが、3月になって暖かくなる頃、蘇ったように葉を力強く広げて、立派な姿に変わります。今のうち出荷してしまうのはもったいないので、出荷を我慢して温存。

ネギも冬の間ずっと収穫できる野菜なのですが、この冬は不作のため量が不足して、全く出荷できませんでした。3月から出荷予定の株ネギに、どうぞご期待ください。

3月、4月は出荷できる野菜が1年で最も減ってゆく「野菜の端境期(はざかいき)」です。ゴボウにしろ株ネギにしろ、端境期でも出荷できる希少な作物です。収穫時期を迎えたらすぐに出荷してしまうのではなく、端境期を考慮して、出荷せずに温存しています。

2017年2月16日 (木)

不作から学ぶ平成28年    平成28年12月20日

不作から学ぶ平成28年    平成28年12月20日

歳晩の候、みなさん、いかがおすごしでしょうか。

  今年は大根、長ネギ、白菜など、寒い時期にぐつぐつと煮て食べれば体を温めてくれる冬野菜が、ことごとく不作でした。冬の蓄えが不足気味です。

  2月に入ると春野菜の種まきが始まり、その春野菜が収穫されるようになるのは4月からとなります。先は長いですが、なんとか来年の4月まで、少ない蓄えをうまくやりくりしながら野菜セットの中身の品目数をそろえて皆さんにお届けしてまいりたいと思います。

  今までで最も収量が少ない厳しい年でした。「平成28年の大不作」として、10年先まで記憶に残る年になると思います。

いっぽうで、今年ほど野菜セットを購入してくださる世帯が増えた年はありませんでした。不作のために最良の状態で野菜セットをお届けすることができなかったのにも関わらず、本当にありがたいことです。もっとたくさんの野菜を確実に栽培していかなくてはいけません。まずは農場が抱えている問題点をしっかりと認識することが肝心です。

小林農場には、人手が欲しい時に人手がいないことが大きな問題です。今までは農場で仕事をしている人数は、小林ただ一人でした。農薬や除草剤を使用せずに作物を栽培すれば食の安全性を高めてゆくことができますが、害虫対策や雑草対策にかける手間は何倍にも膨らみます。手間のかかる無農薬栽培を成り立たせてゆくには、人手が必要になります。

小林農場には人手がないので、雑草や害虫から作物を守ってあげられず見殺しにしてしまうことが度々ありました。農薬や除草剤がなかった昔の時代の農家が農業を続けてゆくことができたのは、近所の農家たちがお互いに人手を貸し借りしていたからでしょう。

  もう一つ大きな問題は、作物栽培に肝心な「土作り」のやり方がまだ試行錯誤していて確立されていないということです。小林農場にはそれぞれ「新畑」と「下畑」と名付けられた2枚の畑がありますが、「新畑」の多くがまだゴロゴロとしていて固くて作業がしにくい土で、その状態を改善できずにいます。

  「下畑」の土は、手触りの良くて作業のしやすい土に改良されています。この畑を私に譲ってくれた先代の農家の方が、30年間ほど堆肥(有機物)を畑に散布して、土を豊かにしてきました。「新畑」はまだまだ、今まで散布してきた堆肥の量が少ないのでしょう。

  以上、「人手の確保」と「堆肥(有機物)の確保」が、今後の小林農場の作物栽培を改善してゆく上での要点となるかと思います。改善策の方向は、はっきりと見えてきました。あとはもっと作物を観察して、作物と会話できる能力を身につけていきたいと思います。    

小林農場の中の今年の流行語大賞は「野菜やりくり」です。前述しているとおり、本当に少ない実りをうまくやりくりしながら出荷してゆくのに苦労しました。

  小林農場の中の今年の漢字は「雨」です。「雨降って地固まる」の「雨」です。今年はけっして「晴」ではなかったけれども、回復不能なまでに破壊し尽くす「嵐」でもありませんでした。平成29年は平成28年の教訓を生かしていきたいと思います。

2017年2月15日 (水)

2月13日、14日の野菜セット(水菜、みぶ菜について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、里芋、カボチャ、キャベツ、ほうれん草、油菜、水菜、みぶ菜、京菜

2月13日 葉物野菜

Dscf0904写真の左は水菜、右はみぶ菜。どちらも味がさっぱりとしていて、シャキシャキとした歯応えを生かしてサラダなどで生食してもおいしい京野菜です。

冬の寒さに対して抜群の耐寒力を見せつけているホウレンソウと比べると、水菜とみぶ菜は繊細なようです。これらの葉物野菜を青々とした良い状態で収穫できるのは、1月の上旬まででしょう。先週に降った雪に押しつぶされてしまった影響か、今回収穫された水菜やみぶ菜は、葉が少しだけしおれ気味でした。

現在収穫されている水菜とみぶ菜には、霜枯れした葉がたくさん混じっていて、出荷前にそれらを取り除くのに大変な時間がかかってしまっています。間もなくこれらの葉物野菜の出荷を終了したいと思います。

2月に入ってから新たに葉物野菜の種を畑に播きました。これらが収穫されるのは、早ければ3月下旬より。秋播きの葉物野菜とは味わいの違った葉物野菜が出荷されていくので、お楽しみに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dscf0873みぶ菜。各ご家庭お届けしている量はこのくらい。

Dscf0874上の写真のみぶ菜をゆでると、体積が減って、小皿に納まるくらいの量になりました。

葉物野菜は、火に通すと、けっこう縮みます。私は1束分の葉物野菜の量なら一人で1食でペロリと食べきってしまいますが、皆さんのご家庭ではいかがでしょうか?

野菜セットに入っている葉物野菜をすぐに食べきれない場合は、軽くゆでて水気をしぼって冷凍庫で冷凍保存するようにおすすめしています。葉物野菜の体積も減って、冷蔵庫に納めやすくなります。

2017年2月12日 (日)

信頼関係は地道に積み上げてゆくもの   平成28年12月8日

信頼関係は地道に積み上げてゆくもの   平成28128

師走の候、みなさん、いかがおすごしでしょうか。

  日本では、見栄えの悪い野菜は消費者に好まれず、例えば葉物野菜は、葉に少しでも虫に喰われてできた穴があると、たちまち売れなくなります。だから農家も生活してゆくために、農薬を使用して害虫を駆除しなくてはいけません。

  無農薬栽培を実践している小林農場の葉物野菜は、多くが葉の上に虫食われ穴が見られます。しかし、食べていただければ分かるように、その味質にはなんの問題もなく、おいしく食べられます。虫食われ穴のある葉物野菜でも受け取ってくださる皆さんがいてくれるおかげで、私は無農薬栽培を続けてゆくことができます。

  ただし、あまりに虫に喰われた痕が目立ちすぎていると商品としてふさわしくありません。現在出荷しているカブは葉もつけて出荷していますが、先月収穫したカブはあまりに葉が虫に喰われてボロボロとなっていたので、葉を切り落として出荷しました。

  先日、野菜セットに入っていたからし菜が、お届けした時にはすでにほとんど傷んでしまっていたというご報告をいただきました。貴重なご報告を受けたおかげで寒くなるとからし菜は傷みやすくなることが分かり、その後はからし菜を出荷するのをやめました。生産者の思い通りに仕上げられる工場製品とは違い、農産物は生き物なので、出荷された野菜が傷んでしまうことも稀に起こります。

貴重なお金を支払って購入した野菜セットの中に傷んだ野菜が見つかったりしたら、受け取った方々はがっかりしてしまうでしょう。届けられたからし菜が傷んでいたことをご報告された方々には、次の野菜セットの配送時にサービス品をつけ加えてお届けしました。小林農場の野菜を定期購入してくださっている方々に対して、私なりに誠意を示してみました。

今年は不作で、多くの作物が十分に大きく育たず、これから野菜セットに入る大根もキャベツも白菜も、規格外の小さなものが多くなると思います。スーパーで並んでいるような立派な姿の野菜ではなく物足りない大きさかもしれませんが、見栄えに関わらずどれもおいしく食べられることを皆さんにお伝えしながら、お届けしてまいりたいと思います。

スーパーに並んでいるような立派な姿の野菜を無農薬栽培でも出荷できるように勉強しています。ただ、その時その場所の環境によって作物はいろんな姿に生育するのが自然で、中には立派でない作物もできます。どんな姿の野菜でも無駄にせずに大事に出荷したいと思っています。

どんな姿の野菜でも皆さんに納得して受け取ってもらえるためには、説明を尽くしながら普段から地道に皆さんと信頼関係を築いてゆくことが必要だと考えています。今年のような不作の年にこそ、農家はいつも以上に説明を尽くす必要があり、この状況をうまく逆手にとれば、消費者の皆さんに農場の現状をより深くお伝えしながら農場の素顔をお見せして、「顔の見える関係」を築いてゆく良い機会にできます。

2017年2月11日 (土)

平成29年2月10日の野菜セット(雪の日の葉物野菜の収穫について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、里芋、カボチャ、ほうれん草、油菜、水菜、みぶ菜、京菜

ほうれん草や小松菜などの葉物野菜は、数ある作物の中で最も収穫・出荷作業の手間がかかる作物の一つです。収穫した後、商品として販売する前に一株一株を手に取って、霜枯れしている葉を取り除く作業が欠かせません。

畑仕事に十分に時間を費やしていけるようになるためにも、この出荷作業にかける時間をできるだけ短縮したいもの。手先の不器用な私はどうしても葉物野菜の出荷作業に時間をかけてしまい、もうちょっと要領良くできるように工夫しなくてはいけません。

雨が降ったりして葉物野菜が濡れると、さらに出荷作業がやりにくくなります。収穫日の前後の天気予報を確認して、雨が降りそうなら雨の前に収穫をすませておくようにしています。

Dscf0876


今回は収穫日の朝から雪が積もり、雪をかき分けながらの葉物野菜の収穫となりました。天気予報ではそんなに雪が降らないような予報だったのですが、思っていた以上に雪が積もり、少し焦りました。

通常なら畑全体を見渡して、その時に最も生育の進んでいる葉物野菜を見つけて収穫してゆくのですが、雪が積もるとどこに何の葉物野菜があるのかさっぱり分からなくなってしまいます。畑はホワイトアウトです。とりあえず雪かきしてみて、居場所が分かった葉物野菜から手当たり次第収穫してゆくような感じになりました。

葉物野菜の上には、普段から防寒用の布をかぶせていますが、布の上に積もった雪は、けっこう簡単にどかすことができます。布をめくると、葉物野菜は濡れていなくて乾いていて、比較的良い状態で収穫できました。

ただ、布に雪が積もれば、漬け物の上に乗せる重石のように、葉物野菜を押しつぶしてしまう危険性があります。今回の雪は次の日にはすぐに溶けてくれましたが、ときどき何日間も溶けずに雪が残ることもあります。そんな時は、すこし手間をかけて、布の上に積もっている雪をかいたほうが良いような気がします。

防寒用の布をかぶせていなかったホウレンソウは、野菜セットの配送当日の金曜日に雪が溶けるのを待ってから収穫しました。葉は濡れてしまい、ちょっと泥がついてしまいきれいに収穫できず、出荷作業が手間取りました。雪が溶ける前に雪をかきわけながら収穫したほうがよかったかもしれません。

効率良くきれいに出荷するには、収穫するタイミングを正確に判断する必要があると思いました。また、手間のかかる葉物野菜の収穫を配送当日に行うとどうしても時間が厳しく、バタバタと慌ただしくなってしまうので、葉物野菜の収穫はやはり配送日の前日までに終わらせておくべきだと思いました。

2017年2月 9日 (木)

平成29年2月6日、7日の野菜セット(油菜について)

今回の野菜セットの内容です。

ジャガイモ、人参、大根、カブ、里芋、カボチャ、白菜、ほうれん草、早生油菜、晩生油菜、みぶ菜、京菜

2月6日 葉物野菜

Dscf0868

写真の左は「早生油菜」。右は「晩生油菜」。「早生」とは早く生育して早く収穫できる品種のことで、「晩生」とはじっくりと生育して後から収穫できる品種のことです。

こうやって見比べてみると、同じ油菜でも見た目が違います。食感も少し違います。今回の野菜セットではどちらも出荷してみました。どうぞ食べ比べていただきたいと思います。

冬に出荷している葉物野菜の中では、耐寒力ではほうれん草にかなう葉物野菜は他にありませんが、ほうれん草に次いで頼りになるのが油菜です。冬の間、比較的に冷害を受けにくく出荷しやすいです。

小松菜と同じようにいろんな料理方法で食べられます。小松菜と比べると、味に甘味があるように思います。

小松菜は秋の頃に害虫に食われた跡が少し目立っていましたが、それと比べると油菜はそんなに虫食われ穴が目立っていなく、葉がきれいです。同じアブラナ科の葉物野菜なのに虫害の受け方が違うという結果も、なんだか興味深いです。

3月になるまで収穫せずに畑に残しておけば、油菜の芯の部分から花茎が伸びて、それを摘んで収穫すると、「菜の花」としておいしく食べられます。3月には「菜の花」を出荷したいので、2月のうちにうっかりと油菜を全部収穫してしまわないように気をつけないと。

«栽培暦 1月29日~2月4日(今年の育苗の方針)

フォト
無料ブログはココログ